仕事内容に ついて知りたい

型枠解体工事業

別名では「ばらし屋」とも呼ばれている
・まず建設現場において、コンクリートでの躯体(※)を作るときは
1.鉄筋組み立て、2.型枠組み立て、3.コンクリート打設、4.型枠解体
という作業工程で行われる
・型枠解体工はその工程の最後の部分にあたり、コンクリートの形成につかった板や板金などを剥がし片付ける
・いかに要領よくバラすかが作業のポイント
・見習いは部品の名前を覚えての運搬作業から始まる。
※躯体(クタイ):建物の主要な構造体、又、骨組みのこと。構造強度にかかわる部分  で、木造在来軸組み工法では、基礎、柱、梁、耐力壁、剛床などを指す。

足場組み立て業

岡本工業は住宅足場専門
・トラックの足場の材料を積み現地へ運び、組み立て、大工さんや塗装やら設備やらの作業が終わり次第解体し持ち帰る。
・図面から必要な足場を推測できるようになるには半年~1年ほどの経験が必要
・作業は2人1組で、1人が足場の組み立て、もう1人が作業補助などを中心に行われる
・見習いは部品の名前を覚えつつ、作業補助の仕事から始まる

岡本工業社内画像1 岡本工業社内画像4